ゲーマー必見!今人気のオンラインゲームとは?

人気のeスポーツをご紹介!

2018年の流行語に選ばれた言葉の1つに「eスポーツ」があります。
これはいわゆる競技性の高いオンラインゲームに対して使われている言葉です。

年配の人はたかがゲームがスポーツを名乗るなと考えてしまうでしょうが、既にeスポーツは下手な人気スポーツを超えるほどの視聴者を集めるコンテンツに成長しており、近年では誰もが知っている一流企業も相次いでこの分野に参入しています。

小学生が憧れる夢の職業に動画投稿で生活している動画配信者が上位にランクインされるようになって久しいですが、おそらく15年以内にはこうしたランキングに新たにプロゲーマーがランクインするのは間違いないでしょう。

こうした説明を聞いて「そんなに面白いなら自分もやってみようかな」と思う人もいるはずです。
そこで今回は世界的に人気なオンラインゲームについていくつか紹介したいと思います。

1.リーグオブレジェンド

まず最初に紹介するのは「リーグオブレジェンド」です。
2018年現在世界で最も多くの人間にプレイされているゲームとして知られています。

ルールは5対5のチームバトルで、無数に出現するミニオンと呼ばれるモンスターや敵プレイヤーを倒しながら自分のキャラクターを成長させ、先に相手の本拠地を倒した方が勝利となります。

1回の対戦にかかるプレイ時間はおよそ30分から1時間です。
リーグオブレジェンドのようなゲームはマルチプレイヤーオンラインバトルアリーナと呼ばれています。

最大の特徴はプレイヤーが平等な条件でゲームをスタートし比較的短時間で勝負がつくということです。
10年ほど前に人気のオンラインゲームといえばファイナルファンタジー11などのRPGでした。

これらは作品世界に没入し広大な世界を冒険する楽しみを味わえる一方で、蓄積が重要で毎日数時間プレイしないと他のプレイヤーたちにどんどん差をつけられる敷居の高さが難点です。

これに対してマルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ型のゲームは一度ある程度までの実力を手に入れれば、暇な時間を見つけて遊ぶだけでいつも白熱した勝負を楽しむことができます。

2.ハースストーン

リーグオブレジェンドに次ぐプレイヤー数を誇るのが「ハースストーン」です。
こちらはいわゆるデジタルカードゲームというジャンルになります。

子供に人気のポケモンカードゲームや遊戯王などをオンラインで遊べるという感じですね。
カードゲームは誕生以来、子供から大人まで多くの人々を夢中にしてきたコンテンツですが、紙媒体のリアルトレーディングカードゲームには様々な弱点がありました。

紙媒体であることから一部の強力なカードを入手するには莫大な金額がかかる、対戦相手を見つけるのに時間がかかる、トランプなどのようにその気になれば簡単にイカサマが出来てしまうといった点です。

こうした問題の多くをデジタルカードゲームは解決してくれます。
特にカードゲームは大好きだけど社会人になったら対戦相手を探すのが大変になりやめてしまったという人には、24時間全世界の人々と対戦できるハースストーンは最高のゲームといえるでしょう。

まとめ

この他にも従来のシューティングゲームに建築要素を加えて戦略性を高めた「フォートナイト」など、素晴らしいオンラインゲームはたくさんあります。
興味を持った方はぜひプレイしてみることをおすすめします。

ただし一部のオンラインゲームはゲーミングパソコンと言われてる少し高価なパソコンでないと動作しない可能性があるので注意して下さい。
こうしたパソコンを持っていない場合でもプレイステーション4などの家庭用ゲーム機があれば、大抵のコンテンツは遊べるようになっているので、最低限の投資で触ってみたい人はこちらがおすすめです。

お得に遊べる!オンラインカジノをプレイするならコンプポイントを上手に活用しましょう

コンプポイントって何?

カジノはラスベガスやマカオなどが有名ですが、今はいわゆるオンラインカジノが手頃で人気です。
スマートフォンやパソコンがあれば誰でも始められますし、豊富でクオリティの高いゲームが自由に楽しめます。

入会するとお得なボーナスが得られたりするので、その点も魅力的なポイントだといえるでしょう。
またコンプポイントという仕組みが用意されていますから、そういったところからも目が離せないです。

コンプとはコンプリメンタリーの略で、ホテルなどでは無料で提供されるサービスを指します。
カジノにおいては、遊んだ分に対してポイントが貯まり、換金したりカジノの口座残高に反映できるものです。

つまり、遊べば遊ぶほど貯まるのがコンプポイントで、オンラインカジノにおける大きな魅力となっています。
還元率は遊ぶカジノ場によりますが、案外馬鹿にできなかったりしますから、会員登録時にはこの点を比較して選ぶのも1つの手です。

1ポイントあたりの価値設定はオンラインカジノ次第

更に、遊ぶゲームによっては還元の対象外となっているので、そこも遊ぶ前に確認することをおすすめします。
1ポイントあたりの価値設定はオンラインカジノ次第ですが、10ドルのベットで1コンプポイントが還元されたり、100ポイントで1ドルに換金できるケースが多いです。

当然ながら、この還元率もカジノ選びの検討材料となりますから、各カジノ場共に切磋琢磨しています。
ベラジョンカジノなど大手のオンラインカジノは特に、還元によって魅力を高めたいところなので、還元率を引き上げて新規のプレイヤー獲得に取り組んでいます。

一例をあげると、大手は最低でも0.5%から最高1%オーバーの還元率を設定しており、出金条件なしでお金が引き出せたりします。
還元率の設定は多種多様で、10ドル毎にポイント数を設定していたり、一律1%としているケースも存在します。

独自のボーナスで還元を行っているケースもある

ただ、申請しなければ受け取れないこともありますから、申請の必要性を確認した上で、忘れないように手続きを済ませたいところです。
申請は必要のないカジノ場の方が割合的に多く、面倒な手間なく受け取れるようになっています。

カジノ場によってはコンプポイントの提供を行なわず、独自のボーナスで還元を行っているケースもあります。
このようなタイプの場合は、会員登録時にボーナスが入金されたり、初回の入金時に還元されることが少なくないです。

しかし、最初にボーナスを受け取ることができても、徐々に還元が減ってボーナスが発生しなくなる、というオンラインカジノは避けた方が良いでしょう。
理由は簡単で、遊べば遊ぶほどお得感が薄くなり、やがて受け取れるリターンが減少するからです。

少しでも長くプレイしたいのであれば、コンプポイントを用意しているカジノ場を選び、リターンを多めに受け取るようにするのが正解となります。

還元率の高いオンラインカジノで遊ばないと損!

やはり、還元率の高いオンラインカジノと、低いカジノ場では魅力の感じ方が違ってくるので、決して軽視しないで良く考えて選択するのがおすすめです。
逆に、コンプポイントを用意していても、実は見掛けばかりであまりリターンが発生しない、そういうカジノ場もあるので要注意です。

実際に還元されてこそのポイントですから、例えばお店で商品を購入して値引き分がポイントで戻ってくるように、好条件を用意している場所を選び利用することが重要です。

何処でも良いと考えたり、面倒なので比較せず適当に選ぶというのは、自分のお金やリターンのチャンスを溝に捨てるのと同じです。
お金の価値は高く、カジノではその大小がチャンスに影響するので、軽く思ってしまうのは間違いだといえます。

1%程度の還元だとしても、長期的なゲームのプレイで響いてきますから、少しでも条件の良いところで遊びたいものです。

輸入車?国産車?車選びのコツを教えます

輸入車と国産車の違いを知る

車購入を考える場合において、輸入車と国産車は比較や検討対象になるものです。
比べていずれかを選ぶのであれば、両者の違いを理解した上で、比較や検討を行うことをおすすめします。

輸入車は文字通り、海外から輸入されて国内に入ってくる車を指し、一般的には海外メーカーの車種が対象です。
特徴としては、日本のメーカーにはないタイプの車が購入できること、そして国内でも楽しめる点が挙げられます。

ディーラーが仕入れて日本で販売する商品なら、保証やアフターサービスが受けられるので安心です。
ただし、その分価格が上乗せされてしまうので、国産車に比べるとコストパフォーマンスは微妙なところです。

品質的にも、日本のメーカーと比べるとやや差があったりしますから、その点も良く考えて検討することが大切です。
逆に、エクステリアやインテリアデザインも国産車と異なりますし、好みに合えば他にない魅力が感じられるでしょう。

いわゆる付加価値に魅力を見出す、輸入車の検討の際は、そういったつもりで比較を行うのがポイントです。

輸入車は個人で現地から日本に送る方法もある

また輸入車はディーラー経由だけでなく、個人で現地から日本に送る方法もあります。
手続きを自分でしなければいけないので、そこはハードルとなり得ますが、日本の環境に適合する車なら問題なく輸入できるはずです。

参考:自動車の個人輸入講座【基礎編】

故障時のメンテナンスを考慮しておく必要はあるものの、日本市場に流通しない車が手に入る魅力は大きいです。
しかし、手続きに手間が掛かったり修理に時間を要するので、こういうネックから敬遠されている部分は小さくないといえます。

海外メーカの独自性や個性が気に入るか、輸入車はそれが選択における重要なポイントとなるでしょう。
なるべく壊れにくいと評判が良いメーカーを絞り込む、これも後悔を避けるコツとなります。

日本の国産車は完成度が高く、どのメーカーを選んでも一定以上の乗り心地や車の使用感が得られます。
所有する喜びに関しては価格帯に依存しますが、それでも比較的手頃な金額で所有欲を満たしてくれる車が手に入ります。

実用性なら圧倒的に日本車が有利

人と違う車が欲しい、あるいは個性が乏しく感じられるというのであれば、日本よりも海外の車に目を向けるのがおすすめです。
ただ、実用性も兼ね備えた手頃な車が欲しいなら、安定していてアフターサービスにも期待できる、国産車が圧倒的に有力となります。

国産車は国内のディーラーや工場でサポートが受けられるので、万が一トラブルが生じても直ぐに対応してもらえます。
普段の足に使うような車ならば、修理に時間が掛かるのは問題外ですし、そもそも代車の用意がないと生活に支障が出ます。

輸入車もディーラー経由での購入なら代車に期待できますが、修理期間は数週間から1ヶ月以上と長くなる恐れがあります。
海を越えて海外で修理をするとなれば、必然的に日数が掛かってしまうわけです。

反対に、日本のメーカーは全国各地に修理施設を有しており、何時でも短期間で対応できるように備えています。
企業のサポート力も、海外のそれとは差がありますから、国産の車は普段遣いとして安心して乗れます。

日本の車は品質が高くトラブルに遭遇する確率が低い

結局のところ、輸入と国産との間には価格やサポートに大きな違いがあって、この点が無視できない要点となりそうです。
手間が掛かっても良いなら、輸入という選択肢が大幅に増えるので、純粋に車選びを楽しむことができるでしょう。

国産は、消費者と製造販売を行うメーカーとの距離が近く、価格もサポートにも納得に至る可能性が高いです。
それに何より、日本の車は品質が高いですから、トラブルに遭遇する確率が低いのもメリットです。

どちらにしても、気に入った車を見つけることが大切で、現実的に購入や使用が行えるか検討する必要があります。
後は欲しいという気持ち次第で、いずれか一方の中から好みに合う1台が手にできる結果に至ります。

ファミコン世代必見!マリオブラザーズの魅力とは?

みんな知ってるマリオブラザーズ!

たくさんの家庭用ゲームがこの数十年で開発され販売されてきました。
その中でもゲームの魅力をとてつもなく世界に拡散したものがあります。

それがマリオブラザーズではないでしょうか。
ここではそのマリオブラザーズとその後に発売されるスーパーマリオブラザーズの魅力についても詳述します。

マリオのゲームは1983年に任天堂から発売されたファミコンカセットです。
アクションゲームとして楽しめますが、その後はスーパーマリオブラザーズシリーズなどの、アドベンチャーゲームとしての認知度のほうが高まってしまいました。

しかし原点はこのマリオブラザーズというゲームでした。
一体どんな内容のゲームだったのでしょうか。

初代マリオブラザーズは固定画面のアクションゲーム

このゲームはスーパーマリオシリーズのようなアドベンチャーゲームではありませんので、画面がスクロールすることはありません。
一定の固定画面で、主人公であるマリオとルイージが土管から出てくるカメやカニを下から突き上げて気絶させてやっつけるとスコアを獲得できるというゲームです。

慣れるまでは基本的にスリリングなゲームで、ドキドキしながら楽しめます。

そしてその2年後の1985年に発売されたのが、世界中で大ヒットになったスーパーマリオブラザーズです。
このゲームはアクションゲームとは違い、マリオとルイージがアドベンチャーを繰り広げる全く違ったタイプになっています。

このゲームは1-1から8-4まで合計32面あり、地上面や空中面、海の中や地下の中までいろいろな冒険が繰り広げられるのです。
登場人物はマリオとルイージの他にも、カメやクリボーなどのかわいらしいキャラクターの他に、最後のボスである大魔王クッパを倒すことが最終目的になっています。

そしてクッパに誘拐されたピーチ姫を、救出するという設定になっているのです。

横スクロールが斬新だったスーパーマリオブラザーズ

このゲームの登場により、ファミコンの世界は大きく変わってしまいました。
今までは画面がスクロールするゲームはあまりありませんでしたが、このゲームの登場により当時の子供たちは夢中になって遊んでいたものです。

その後パート2やパート3などの続編も発売され、その都度大ヒットすることになったことは言うまでもありません。
ではなぜこのゲームはここまでヒットしたのでしょうか。
そしてその魅力は何なのでしょう。

それはこのゲームが持つドキドキ感やわくわく感に加えて、子供たちの冒険心をそのままゲームの中にたっぷりと詰め込むことに成功したからではないでしょうか。

ピーチ姫を救出するという使命を抱き、そのためにゲームをして、攻略本なども多数発売されました。
そしてファミコン雑誌等では、裏技や裏面の紹介などにも目を輝かせたものです。

マリオやルイージがメインのゲームも数えきれないくらいに発売されている

このゲームは子供だけではなく、大人であっても大変魅力的なものになります。
その後マリオシリーズは世界的に大ヒットとなり、マリオやルイージがメインのゲームも数えきれないくらいに発売されています。
このシリーズの魅力は、この数十年で計り知れないものにまで発展しているのです。

1983年に発売開始されたファミリーコンピュータと同じ年に発売されたこのマリオシリーズですが、ゲームの進歩とともに衰えることなく、さらなる発展を見せいています。

最近のゲームはまるでリアルの世界にいるかのような画質の物が増えています。
マリオシリーズも同時進行で進んでゆくことでしょう。

このシリーズの魅力はまだまだたくさんあります。
これからもマリオシリーズは全世界の子供たちと大人たちを魅了してゆくことは間違いありません。

1983年の発売から35年を経ても、まったく魅力の衰えることのないマリオシリーズの魅力は、これからもますます進化し続けてゆくことは間違いありません。

キャバクラ嫌いの男性が増えている?その理由に迫る

キャバ嬢の礼儀作法が良くない?

最近はキャバクラ嫌いの男性が増えているようです。
その理由はいろいろと考えられるのですが、まずは礼儀作法が良くないという事が考えられます。

男性はお金を出してわざわざ行くわけですから、そのようなところで嫌な思いをするような事があったり、不快な事を感じる事があれば、まず二度と行くような事はありません。

お金の使い方を考えるようになったという様にいうと分かり易いのかもしれない。
キャバクラでは女性とのおしゃべりを楽しみたいという様に考えている人が多いのですが、無礼講で楽しめるというほど器量の大きな男性は最近は少なくなっています。

キャバクラのようなところでもコストパフォーマンスを考えてしまうという様にいっても良いのかもしれません。
草食系男子というような言葉が出来てしまうぐらいに女性にたいして畏怖を感じてしまうような人も少なくは無いのです。

ネットでバーチャルに理想の女性との会話を楽しめる時代

これまでは性的に男性は女性を好むという事が当たり前のようになっていたので、少々の無礼は許すというよりも当然というように考えられる事も多かったのですが、お金を出して不快な事を感じるというのであれば、それは全く割に合わないというように考える人が多くなったというわけです。

しかも、最近はネットでいくらでもバーチャルに理想の女性との会話を楽しむことが出来るということがありますから、わざわざ高いキャバクラに行って疑似恋愛のような事を楽しむ必要性が無いという様に感じる人も多くなったと考えて良いでしょう。

ネットの場合は自分の理想の返事が返ってくるようになりますから、キャバクラのようなところではまずそのような事を期待できる事はありません。
どうせ楽しむのであれば、当然楽しい方を選択するということになりますから、今の男性はキャバクラよりも楽しいモノを見つけたという事が言えるのかもしれません。

ですから、今後こうしたところが生き残りを考えるのであれば、態度やマナーを理想に近づけていくという事が必要になると考えたほうがいいでしょう。
そうしなければなかなか生き残りを考えることが出来なくなってしまいます。

キャバクラという場所は時代遅れなのか?

理由は極めてシンプルで競争相手が極めて強いからです。
しかも、その競争相手は現実ではなくバーチャルのネットというような世界に出てきていますから、これに勝てるだけの魅力をつけなければお客さんが来ることは無くなってしまいます。

利便性や満足度という点において、まずネットに勝てることはありませんから、これに勝つためにはリアルに楽しんでもらう事が出来るという事をしなければなりません。

バーチャルはバーチャルで割り切った考え方が出来て、リアルはリアルで楽しめるという双方の良さを感じさせることが出来なければ、これからの生き残りは出来ないと考えた方が良いかもしれません。

単に綺麗な女性がいるというような事ではもう男性がお店に来るというような事はなくなっているわけです。

まとめ

このような事は全ての業界で起きている事で、今は食事一つをするにしてもネットでランキングを調べて一番良いと感じられるところだけに行くというような事をするような時代になっています。

道を歩いていてお店があったからそこに入るというような行動をする人はほとんどいなくなって来ているわけです。
つまり、お店が何処にあるのかという事がそれほど重要ではなくなっていて、本当にサービスの質が問われるような時代になって来ているので、お客さんに満足をしてもらう事が出来るサービスでなければ選択されなくなったという事です。

他にいくらでも満足感を得ることが出来るサービスがあるわけですから、無礼、無作法で不快に感じるような事があるサービスが選択されなくなるのは当然の事です。