人気のeスポーツをご紹介!

2018年の流行語に選ばれた言葉の1つに「eスポーツ」があります。
これはいわゆる競技性の高いオンラインゲームに対して使われている言葉です。

年配の人はたかがゲームがスポーツを名乗るなと考えてしまうでしょうが、既にeスポーツは下手な人気スポーツを超えるほどの視聴者を集めるコンテンツに成長しており、近年では誰もが知っている一流企業も相次いでこの分野に参入しています。

小学生が憧れる夢の職業に動画投稿で生活している動画配信者が上位にランクインされるようになって久しいですが、おそらく15年以内にはこうしたランキングに新たにプロゲーマーがランクインするのは間違いないでしょう。

こうした説明を聞いて「そんなに面白いなら自分もやってみようかな」と思う人もいるはずです。
そこで今回は世界的に人気なオンラインゲームについていくつか紹介したいと思います。

1.リーグオブレジェンド

まず最初に紹介するのは「リーグオブレジェンド」です。
2018年現在世界で最も多くの人間にプレイされているゲームとして知られています。

ルールは5対5のチームバトルで、無数に出現するミニオンと呼ばれるモンスターや敵プレイヤーを倒しながら自分のキャラクターを成長させ、先に相手の本拠地を倒した方が勝利となります。

1回の対戦にかかるプレイ時間はおよそ30分から1時間です。
リーグオブレジェンドのようなゲームはマルチプレイヤーオンラインバトルアリーナと呼ばれています。

最大の特徴はプレイヤーが平等な条件でゲームをスタートし比較的短時間で勝負がつくということです。
10年ほど前に人気のオンラインゲームといえばファイナルファンタジー11などのRPGでした。

これらは作品世界に没入し広大な世界を冒険する楽しみを味わえる一方で、蓄積が重要で毎日数時間プレイしないと他のプレイヤーたちにどんどん差をつけられる敷居の高さが難点です。

これに対してマルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ型のゲームは一度ある程度までの実力を手に入れれば、暇な時間を見つけて遊ぶだけでいつも白熱した勝負を楽しむことができます。

2.ハースストーン

リーグオブレジェンドに次ぐプレイヤー数を誇るのが「ハースストーン」です。
こちらはいわゆるデジタルカードゲームというジャンルになります。

子供に人気のポケモンカードゲームや遊戯王などをオンラインで遊べるという感じですね。
カードゲームは誕生以来、子供から大人まで多くの人々を夢中にしてきたコンテンツですが、紙媒体のリアルトレーディングカードゲームには様々な弱点がありました。

紙媒体であることから一部の強力なカードを入手するには莫大な金額がかかる、対戦相手を見つけるのに時間がかかる、トランプなどのようにその気になれば簡単にイカサマが出来てしまうといった点です。

こうした問題の多くをデジタルカードゲームは解決してくれます。
特にカードゲームは大好きだけど社会人になったら対戦相手を探すのが大変になりやめてしまったという人には、24時間全世界の人々と対戦できるハースストーンは最高のゲームといえるでしょう。

まとめ

この他にも従来のシューティングゲームに建築要素を加えて戦略性を高めた「フォートナイト」など、素晴らしいオンラインゲームはたくさんあります。
興味を持った方はぜひプレイしてみることをおすすめします。

ただし一部のオンラインゲームはゲーミングパソコンと言われてる少し高価なパソコンでないと動作しない可能性があるので注意して下さい。
こうしたパソコンを持っていない場合でもプレイステーション4などの家庭用ゲーム機があれば、大抵のコンテンツは遊べるようになっているので、最低限の投資で触ってみたい人はこちらがおすすめです。