輸入車と国産車の違いを知る

車購入を考える場合において、輸入車と国産車は比較や検討対象になるものです。
比べていずれかを選ぶのであれば、両者の違いを理解した上で、比較や検討を行うことをおすすめします。

輸入車は文字通り、海外から輸入されて国内に入ってくる車を指し、一般的には海外メーカーの車種が対象です。
特徴としては、日本のメーカーにはないタイプの車が購入できること、そして国内でも楽しめる点が挙げられます。

ディーラーが仕入れて日本で販売する商品なら、保証やアフターサービスが受けられるので安心です。
ただし、その分価格が上乗せされてしまうので、国産車に比べるとコストパフォーマンスは微妙なところです。

品質的にも、日本のメーカーと比べるとやや差があったりしますから、その点も良く考えて検討することが大切です。
逆に、エクステリアやインテリアデザインも国産車と異なりますし、好みに合えば他にない魅力が感じられるでしょう。

いわゆる付加価値に魅力を見出す、輸入車の検討の際は、そういったつもりで比較を行うのがポイントです。

輸入車は個人で現地から日本に送る方法もある

また輸入車はディーラー経由だけでなく、個人で現地から日本に送る方法もあります。
手続きを自分でしなければいけないので、そこはハードルとなり得ますが、日本の環境に適合する車なら問題なく輸入できるはずです。

参考:自動車の個人輸入講座【基礎編】

故障時のメンテナンスを考慮しておく必要はあるものの、日本市場に流通しない車が手に入る魅力は大きいです。
しかし、手続きに手間が掛かったり修理に時間を要するので、こういうネックから敬遠されている部分は小さくないといえます。

海外メーカの独自性や個性が気に入るか、輸入車はそれが選択における重要なポイントとなるでしょう。
なるべく壊れにくいと評判が良いメーカーを絞り込む、これも後悔を避けるコツとなります。

日本の国産車は完成度が高く、どのメーカーを選んでも一定以上の乗り心地や車の使用感が得られます。
所有する喜びに関しては価格帯に依存しますが、それでも比較的手頃な金額で所有欲を満たしてくれる車が手に入ります。

実用性なら圧倒的に日本車が有利

人と違う車が欲しい、あるいは個性が乏しく感じられるというのであれば、日本よりも海外の車に目を向けるのがおすすめです。
ただ、実用性も兼ね備えた手頃な車が欲しいなら、安定していてアフターサービスにも期待できる、国産車が圧倒的に有力となります。

国産車は国内のディーラーや工場でサポートが受けられるので、万が一トラブルが生じても直ぐに対応してもらえます。
普段の足に使うような車ならば、修理に時間が掛かるのは問題外ですし、そもそも代車の用意がないと生活に支障が出ます。

輸入車もディーラー経由での購入なら代車に期待できますが、修理期間は数週間から1ヶ月以上と長くなる恐れがあります。
海を越えて海外で修理をするとなれば、必然的に日数が掛かってしまうわけです。

反対に、日本のメーカーは全国各地に修理施設を有しており、何時でも短期間で対応できるように備えています。
企業のサポート力も、海外のそれとは差がありますから、国産の車は普段遣いとして安心して乗れます。

日本の車は品質が高くトラブルに遭遇する確率が低い

結局のところ、輸入と国産との間には価格やサポートに大きな違いがあって、この点が無視できない要点となりそうです。
手間が掛かっても良いなら、輸入という選択肢が大幅に増えるので、純粋に車選びを楽しむことができるでしょう。

国産は、消費者と製造販売を行うメーカーとの距離が近く、価格もサポートにも納得に至る可能性が高いです。
それに何より、日本の車は品質が高いですから、トラブルに遭遇する確率が低いのもメリットです。

どちらにしても、気に入った車を見つけることが大切で、現実的に購入や使用が行えるか検討する必要があります。
後は欲しいという気持ち次第で、いずれか一方の中から好みに合う1台が手にできる結果に至ります。