みんな知ってるマリオブラザーズ!

たくさんの家庭用ゲームがこの数十年で開発され販売されてきました。
その中でもゲームの魅力をとてつもなく世界に拡散したものがあります。

それがマリオブラザーズではないでしょうか。
ここではそのマリオブラザーズとその後に発売されるスーパーマリオブラザーズの魅力についても詳述します。

マリオのゲームは1983年に任天堂から発売されたファミコンカセットです。
アクションゲームとして楽しめますが、その後はスーパーマリオブラザーズシリーズなどの、アドベンチャーゲームとしての認知度のほうが高まってしまいました。

しかし原点はこのマリオブラザーズというゲームでした。
一体どんな内容のゲームだったのでしょうか。

初代マリオブラザーズは固定画面のアクションゲーム

このゲームはスーパーマリオシリーズのようなアドベンチャーゲームではありませんので、画面がスクロールすることはありません。
一定の固定画面で、主人公であるマリオとルイージが土管から出てくるカメやカニを下から突き上げて気絶させてやっつけるとスコアを獲得できるというゲームです。

慣れるまでは基本的にスリリングなゲームで、ドキドキしながら楽しめます。

そしてその2年後の1985年に発売されたのが、世界中で大ヒットになったスーパーマリオブラザーズです。
このゲームはアクションゲームとは違い、マリオとルイージがアドベンチャーを繰り広げる全く違ったタイプになっています。

このゲームは1-1から8-4まで合計32面あり、地上面や空中面、海の中や地下の中までいろいろな冒険が繰り広げられるのです。
登場人物はマリオとルイージの他にも、カメやクリボーなどのかわいらしいキャラクターの他に、最後のボスである大魔王クッパを倒すことが最終目的になっています。

そしてクッパに誘拐されたピーチ姫を、救出するという設定になっているのです。

横スクロールが斬新だったスーパーマリオブラザーズ

このゲームの登場により、ファミコンの世界は大きく変わってしまいました。
今までは画面がスクロールするゲームはあまりありませんでしたが、このゲームの登場により当時の子供たちは夢中になって遊んでいたものです。

その後パート2やパート3などの続編も発売され、その都度大ヒットすることになったことは言うまでもありません。
ではなぜこのゲームはここまでヒットしたのでしょうか。
そしてその魅力は何なのでしょう。

それはこのゲームが持つドキドキ感やわくわく感に加えて、子供たちの冒険心をそのままゲームの中にたっぷりと詰め込むことに成功したからではないでしょうか。

ピーチ姫を救出するという使命を抱き、そのためにゲームをして、攻略本なども多数発売されました。
そしてファミコン雑誌等では、裏技や裏面の紹介などにも目を輝かせたものです。

マリオやルイージがメインのゲームも数えきれないくらいに発売されている

このゲームは子供だけではなく、大人であっても大変魅力的なものになります。
その後マリオシリーズは世界的に大ヒットとなり、マリオやルイージがメインのゲームも数えきれないくらいに発売されています。
このシリーズの魅力は、この数十年で計り知れないものにまで発展しているのです。

1983年に発売開始されたファミリーコンピュータと同じ年に発売されたこのマリオシリーズですが、ゲームの進歩とともに衰えることなく、さらなる発展を見せいています。

最近のゲームはまるでリアルの世界にいるかのような画質の物が増えています。
マリオシリーズも同時進行で進んでゆくことでしょう。

このシリーズの魅力はまだまだたくさんあります。
これからもマリオシリーズは全世界の子供たちと大人たちを魅了してゆくことは間違いありません。

1983年の発売から35年を経ても、まったく魅力の衰えることのないマリオシリーズの魅力は、これからもますます進化し続けてゆくことは間違いありません。